1. HOME
  2. 売れるECサイト構築とは

会社概要

売れるECサイト制作には、“構築”と構築後の”運用”、双方からサイトを向上させるノウハウが必要です。やみくもに機能やコンテンツを詰め込むのではなく、「求める成果は何か」、「商品特性は何か」、「ブランドの差別化はできているか」を、ターゲットユーザー視点から分析しながら実装と改善を繰り返すことが重要です。

ECサイト制作には店舗設計力、運用力、集客力が不可欠

ECサイト構築時のPOINT

集客POINT

購買意欲のあるユーザーだけでなく、潜在的な見込み客も集客できる設計をすること。

店舗設計POINT

フロントヤード

買い物のしやすさ、リピーターの確保が大切。さらに、顧客購入単価や頻度がアップする仕掛けを定期的にうつこと。

バックヤード

基本的なショッピングシステム機能に加え、使いやすいインターフェースで、直感的な操作をしてもらえること。セキュリティー面での配慮が備わっていること。

集客

検索エンジンで集客
  • SEO対策
  • SEM対策
  • LPO対策 etc
コンテンツで集客
  • モバイルサイト
  • アフィリエイト
  • キャンペーン
  • メルマガ登録 etc

店舗設計

買い物のしやすさ
  • サイト内情報設計
  • 商品ページ設計
  • カート機能
  • 送料表示機能
  • 配送機能
  • 決済機能
  • マイページ機能 etc
買い物の楽しさ
  • レコメンド機能
  • レビュー機能
  • 特集コンテンツ
  • SNSコンテンツ
  • キャンペーン開催
  • Eクーポン
  • メルマガ配信 etc

管理画面設計

運用管理のしやすさ
  • セキュリティ対策
  • 決済システム
  • 商品登録・管理
  • 受注管理
  • 在庫登録・管理
  • 顧客登録・管理
  • 販促登録・管理
  • 売上げ管理
  • メルマガ管理
  • アクセス管理 etc
操作性と安全性
  • インターフェース
  • セキュリティ対策
  • サーバ容量対策
  • コンテンツ管理権限 etc

ECサイト運用時のPOINT

アクセス解析

量的な指標と質的な指標を掛け合わせたアクセス解析を行うことで、サイトの弱み、強みを発見できます。

量(訪問数・閲覧数は?閲覧時間は?)×質(どこからの訪問か?訪問後の動きは?)
量と質を解析し、改善提案へ

PDCAサイクル

量的な指標と質的な指標を掛け合わせたアクセス解析を行うことで、サイトの弱み、強みを発見できます。

Plan→Do→Check→Act
PDCAを解析し、改善提案へ

年商10億円のECサイトを約10年間、企画運営中!

成功のしくみづくりを公開!

  • 詳しくはお問い合わせください。0120-957-593 【受付時間】平日10:00〜19:00
  • 【無料】ネットからのお問い合わせ 24時間受付

ページの先頭へ